出版社のライターの募集に応募するときの心構え【ライター経験を積む方法 3選】

出版社のライターの募集は形が変わって、今は、在宅 ライターとして出版社の募集が増えています。

 

しかし、出版社のライターの募集は多いが未経験者はほぼ無理。
その理由は、ライバルがとても多いから。

 

 

 

出版社のライターの募集の応募で気を付ける事

 

それでは、出版社のライターの仕事をするためにどうすれば良いのか?

それは、自らライターとして経験を積むことです。

 

ライターとして経験を積む方法は、大きく3つあります。

 

ライターとして働きだすためのきっかけになる行動を解説します

 

ライター経験を積む方法その1

ライティング代行会社のライターとして経験を積む
出版社のライターのアルバイトや、在宅ワークとして働くのは経験がないと難しいことが多いです。
大学生でインターンとして経験を積むことが出来ると思いますが、社会人や、主婦の方は時間が拘束されるのはなかなか難しいですよね。

 

そんな時に、ライティング代行会社の案件をこなすことでライターとして経験を積むことができます。

 

メリット

 

  1. 登録するとすぐに始められる。
  2. 審査があるのでライティングのレベルを認識できる
  3. 案件がたくさんあるので経験を多く詰める

 

デメリット

 

  1. 文書の基礎は自分で勉強する必要がある。
  2. 単価がかなり安い
  3. 書きたい分野の文書を書くためには経験が必要

 

ライター経験を積む方法その2

 

フリーランスのライターとして初心者OKのライターとして経験を積む
ランサーズ、クラウドワークスをご存じでしょうか?
管理人も利用してライターさんにブログ用の記事を書いていいただいています。

ライバルがとても多くて、ライターとしての仕事を受注するのは大変ですが、募集も多いのであきらめずに多く応募するのがポイントです。

管理人の採用基準は、コミュニケーションがスムーズな人は印象が良いので採用することが多いです。
なので、質問や、進捗、相談などはこまめにするのがポイントかもしれません。

誤字脱字は、ワードの文書校正である程度チェックできます。
コピーチェックツールを利用するとコピペの確認ができます。
少し報酬が上がって、余裕が出来たらライターとしてのスキルアップのために文賢(ブンケン)などの文書アドバイスツールを使うと良いですね。

 

メリット

 

  1. ライターの仕事がたくさんある。
  2. 1文字0.1円~5円など、多くの募集があるので経験を積めば単価が上がる可能性がある。
  3. マニュアルがある事が多くライターとして働きながらライターとしての勉強もできる。

 

デメリット

 

  1. 未経験のうちは、ライバルが多くてライターの仕事を受注できないと感じることが多い
  2. 2000文字書いても300円~500円の案件が多い
  3. 細かい修正が必要なときがあるので手間暇がかかり効率が悪いと感じることが多い。

 

ライター経験を積む方法その3

 

ブログを作成しライターとして経験を積む
ライターとして経験を積むのは、とにかく、他の人の文章を読んで、自分で文章を書いて、書いて、書きまくるのが近道です。

そのため、自分で、ワードプレスを使ってブログを作成して、自分の専門性を高めるためにオウンドメディアを立ち上げるのが良いです。

自分が得意なことを追求して書いていくことでライターとしての力がついて行きます。
調べたり、取材したり楽しいことをすると続けやすいです。

ポイントは、人に教えてあげたいとか、知ってもらいたいという気持ちが大事な気がします。

 

メリット

 

  1. 自分だけのメディアが出来上がる。
  2. 自分はこのメディア持ってますという名刺代わりになる。
  3. 純広告や、グーグルアドセンス、アフィリエイトなどの広告収入を得られる

 

デメリット

 

  1. ワードプレスなどのブログを立ち上げるの知識が必要
  2. はじめは、誰も見てくれないし、報酬もないので心が折れやすい
  3. 独りよがりの記事を書くことが癖になってしまう可能性がある。

 

 

日本語の校正 ツールのすすめ

 

ライターとして文書を書くときは正しい日本語で書いているかもポイントになります。

 

文書の書き方は、起承転結と習いましたが、広告や、ウェブの文書でだとプレップ法で、先に結論を書いてしまう方法が好まれます。

コピーライティングだと、パソナの法則など、文章のテクニックもあります。

そのほかにも、言い回しをTPOに合わせるとか、共起語を使う、漢字をひらがなにして読みやすくするなど、知っているか知らないかで文章が大きく変わります。

 

このように、良い文章を書くためには独りよがりにならないように気を付けるポイントがたくさんあります。

 

出版社だと校閲する人がいるので二重三重とチェックしています。

でも、チェックしてもらえる環境にいる人は少ないと思います。

 

自分ではなかなか気づかないことが多いので、文書校正のツールを利用して常にチェックするのが

おすすめです。

 

例えば、『文賢(ブンケン)』という文書のチェックのツールがあります。

 

特徴:常にバージョンアップを繰り返しているツール

 

独自に研究を続けた「100を超える視点」を用いて、あなたの文章をチェックします。
そして、より良い文章を書くための改善点を提案します。

読みやすくわかりやすい文章や、人を傷つけない文章を書くためには、
多くの人のチェックが必要です。

文賢はあなたの文章をサポートする、心強いパートナー。

個人でもチームでも、使い方に合わせてカスタマイズできるため、
企業やメディアのルールやレギュレーションに合わせて、設定を細かく変更できます。

さらには、文賢には、情報や感情を具体的に表現するための「文章表現」や「言い回し」が多数用意されています。
それらの表現を用いることで、文章の魅力が増し、より多くの人に読んでもらえるようになります。

リリースから2年が過ぎ、今では、上場企業、中小企業、個人事業主、教育機関、アーティストの方まで。
さまざまな方にお使いいただいています。

引用元:文賢

 

文献を使うメリット多いと感じる人

  • 文書が分かりにくいといわれて文書の修正が多い人
  • 管理職で文書のチェックで誤字脱字の指摘で時間がかかっている人
  • ウェブライターでコピペ記事にならないような文章表現や、共起語をもちいた言い回しを多く駆使したい人
  • 外部ライターさんの記事をチェックする人
  • 客先とのメールなどのやり取りで文書を正しく使いたい人
  • 正式な社外発表の文章を書くことが多い人
  • FacebookやTwitterなどのSNSで正しい刺さる表現の言葉を使いたい人

 

文賢を活用している人の口コミ

 

文賢を活用しているひとの声を見つけたのでシェアします。

「どんな文章を書くときも、必ず文賢を通すようになりました。
今、20アカウント契約させていただいており、文章を書く機会の多いチームはみんな文賢を使っています」
(メディア編集者)

 

 

「文章表現機能のおかげで、自分が今まで使ったことがない言い回しに出会えるのが楽しい。
以前より、表現豊かな記事が書けるようになりました」
(ライター)

 

 

まとめ

出版社のライターの募集に応募するときの心構えというテーマでブログ記事にしました。

出版社のライターになるには、かなり経験が必要になるので採用されるのはとても難しいです。

 

ですが、出来ることからライターとして経験を積んで、正しい、分かりやすい文章を書けるようなライターになると、フリーでも活躍できます。

 

少しお金がかかりますが、出版社のライターとして正しい、分かりやすい文章を書くために文賢のような文書チェックアドバイスツールはスキルアップや、時短のためにも大事です。

 

プロの道具として、一日でも早く使うことによって、本来費やさなくてもよい業務時間を節約できる文章作成アドバイスツールです。

 

出版社のライターの仕事をしたいと感じているなら普段から自分の文章をチェックすることを心がけるのはどうでしょう。

 

気になったら5分ほどチェックしてください。

 

あなたの文章をもっと読みやすく。文章作成アドバイスツール【文賢】

詳しくはこちらをクリック ⇒ 文章作成アドバイスツール【文賢】

タイトルとURLをコピーしました