マスメディアンは出版社、マスコミ、広告の仕事を転職エージェントを通じて仕事を探してみるのはいかがでしょう。

出版社に未経験で転職するなら

やりたい仕事をしてみたい。

 

同じ8時間働くなら、興味のある事や好きな事を仕事だとやりがいを感じる事が出来ます。

 

残念ながら、出版社で仕事をしたいと思っても、狭き門なので新卒で採用してもらう事が出来なかったんですよね。

でも、やっぱり、出版社で仕事をしてみたいと感じているのですが、何とかならないかなと色々と求人を探していませんか?

 

日本の場合は、大学を卒業して新卒で採用して頂いた企業で定年まで働く事が前提になっている雰囲気があります。

 

実際に、新卒で希望の職種で内定を獲得できた人はかなり限られていると思います。

 

殆どの人が、第一希望でなく、第二希望や、第三希望の企業で働く事が多いのではないでしょうか。

 

たとえ、第一希望の企業で働きだしたとしても、希望の業種で働く事は更に難しい事が多いです。

 

一日8時間〜10時間は、仕事に時間を費やすので、お給料の為だけでなく充実した仕事をして達成感を味わいたいと思いませんか?

 

最近は、そのように感じて、やりたい仕事をする為に、新卒で入社した会社を3年〜5年くらいで辞めて、好きな仕事に変わる人も増えています。

 

未経験の仕事の場合は、第二新卒と言う形でやりたかった仕事に変わる人も増えています。

 

例えば、出版社の仕事をしたいと思っていた場合は、未経験で出版業界の経験を積む事が出来る可能性が高いのは、
出版社の営業に転職する事です。

 

もちろん、景気の状況によって、未経験で出版業界に採用される事は難しい時期も有るかもしれません。

 

でも、出版社などのマスコミや広告業界に力を入れている転職エージェントがあれば相談してみたいですよね。

 

実は、出版社は中小企業を含めると全国にあり、業績が好調な会社も有るのをご存知ですか?

 

大手出版会社は有名なので挑戦したい所ですが、出版社で働く事に的を絞れば、
中小企業でも業績の良い出版社でマスコミや、広告の仕事をする事が実現出来たら嬉しくないですか?

 

少しでも出版社で働いてみたいと感じているなら、今、挑戦するのはいかがでしょう。

 

出版社に特化した転職エージェントがあなたの可能性を広げてくれると思います。

 

後悔しない為にも一度相談してみるのはいかがでしょう。

 

詳しくはこちらをクリックして参考にして下さいね。 ⇒ 広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン

 

 

広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン


 

『特徴』 出版社や広告、マスコミに特化した求人情報
転職実績やノウハウから企業が選考で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなどもアドバイス

 

 

広告・Web・マスコミ職種専門
転職活動の手間暇を削減
完全無料・秘密厳守

 

宣伝会議の人脈や情報ネットワークを最大限に活用してあなたの転職をサポート

 

東京・大阪・名古屋・福岡・金沢で出版社や、マスコミ、広告の転職を考えているあなたが相談する事で何かきっかけがつかめるかもしれません。

 



 

マイナビジョブ20Sで相談


 

『特徴』 全求人 20代が対象
若手の転職に精通したキャリアアドバイザーによる転職サポート

 

 

自己分析に役立つ適性診断
書類添削・面接対策のサポート
完全無料・秘密厳守

 

自分では気付かない自身の強みや長所を客観的に認識することができる事がメリット

 

東京・名古屋・大阪・京都で転職を考えている人は相談に乗ってもらうのはいかがでしょう。

 



 

 

 

ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!就職ならジェイック!


 

『特徴』  未経験OKの優良企業だけを紹介
無料就職講座であなたの就活をフルサポート

 

 

後悔する就職をしてしまう人の10の特徴
コレだけは押さえてほしいたった1つのスキル
面接で落ちる理由。面接官の本音は意外なところにあった

 

ここなら、実務経験のない(少ない)フリーターの方でも安心して長く働けそうだ」と確信を持てた会社だけをご紹介されています。

 

東京・千葉・神奈川・埼玉・愛知・大阪・福岡 ・宮城で転職を考えている人は、きっかけをつけ目る可能性が高いですよ。



 

 

 

出版社の転職はエージェントを利用が有利?

転職を決意した時に何から始めたらよいのか分からない。 とりあえずネットで検索してみることから始めますよね。

 

実際に転職する方法として、大きく3つあります。

 

1つ目:ハローワークで求人を探す。

2つ目:自分で希望の企業のホームページから直接応募する。

3つ目:転職エージェントを利用して仕事を紹介してもらう。

 

ハローワークに出版社やマスコミの求人があるのか?

特に、出版社や、マスコミの仕事は、1つ目のハローワークで見つける事はとても難しいです。
実際に、ハローワークの仕事検索をすると分かりますが、建築関係や、設備関係、清掃関係の求人はとても多いです。
でも、出版社や、マスコミ、IT関連の仕事はとても求人自体が少ないです。

 

希望の企業に直接応募することができるのか?

ホームページの採用欄を掲載している企業は多いです。そこから直接応募することはできます。
でも、書類の提出は、自分でする必要がありますし、人事担当者と直接日程調整をする必要があるため、就業中の転職活動では、朝や、昼に電話対応する必要があるのでかなり難しい可能性が高いです。

 

転職エージェントはどこでも良いのか?

転職エージェントと言ってもいろいろあります。 有名なのがリクルートエージェント、DODA、JAC、パソナキャリア Aidem smart Agent マイナビエージェント ビズリーチなど色々あります。

 

でも、実際マスコミや、出版社に全ての転職エージェントがコネクションを持っているかというとそうではありません。

 

例えば、大手の出版社やマスコミに対しては採用実績があるかもしれませんが、隠れた優良企業はまだコネクションがないかもしれません。

 

特に、マスコミや、出版社の転職は大手だけでなく特色を活かした小さい会社が多いので少し特殊です。

 

どちらかというと出版社や、マスコミの転職に力を入れている転職エージェントも併用してみるのはいかがでしょう。

 

転職エージェントと、企業のコネクションが強いとやはり転職は有利に運びます。 フォローもして貰えることや、応募企業の内情なども教えてもらえるので、あなたの希望に沿った転職先を吟味することができると思います。

 

東京だけでなく特に、名古屋、石川、大阪、福岡などの地方都市で出版社や、マスコミ、デザイン等の仕事を探している人は特におすすめです。

 

出版社の転職エージェントのサポートの活用のコツ

出版社やマスコミの転職をする時に悩むのが面接に着ていく服装ですよね。

 

転職の為にスーツをかって普段気ないし、スーツでは堅すぎる気がするし、セットアップで面接を受けても問題ないのか?

 

今までのキャリアのアピールはどのようにするのがよいのか分かります?

 

そんな時に、転職エージェントにサポートを活用するのはいかがでしょう。

 

でも、どのような活用をするかわかりませんよね。

 

そんな時は素直にあなたの悩みを転職エージェントにぶちまけるのがよいです。

 

転職エージェントのキャリアコンサルタントは応募書類のつくり方や作品集のつくり方、面接対策など希望企業とのコンタクトもあるのでどのような人材を求めているのかをヒアリングしているので面接対策や職務経歴書の作成のグレードがアップすることがおおいです。

 

このあたりのサポートはかなり心強いです。

 

特に、マスコミや、出版社は応募企業の特徴が大きく違うので適切なアドバイスはかなりポイントが高いです。

 

もし、本気でマスコミや、出版社で働きたいと感じているなら転職エージェントに相談してみるのはいかがでしょう。

 

最後に、あなたは出版社があなたの住んでいる地域にどれくらいあるか知っていますか?大手出版社だけでなく中小企業の出版社も経営基盤がしっかりした会社も有ります。 もしあなたの知らない優良な中小企業があれば紹介してもらえたら嬉しいですよね。 きっとライバルも少なくなるのでチャンスが広がります。

 

 

まとめ
1:転職エージェントの活用のコツは自分の気持ちと希望を素直に打ち明ける事。
2:職務経歴書の添削、面接対策は希望の企業に転職するためのアドバイスを受けてくださいね。
3:あなたの知らない隠れた優良企業を紹介してもらえる可能性がたかい。

 

 

 

 

出版社の仕事とは

出版社の仕事の種類は本を作る仕事と本を売る仕事に大きく分けられます。

 

出版社で働きたい人の多く華やかな仕事を希望していると思いますが、実際は地味な作業が多いので当たらいてみたら想像してたのと違った。とならないように自分の気持ちに正直に考えてみるのはいかがでしょう。

 

 

出版社の仕事はきつい?

俗に産みの苦しみと言いますが、まさに本を作る仕事も当てはまるのではないでしょうか?
本を作るためには、
1:本のテーマ等を企画する。
2:執筆依頼をする。
3:執筆された原稿を校閲しまとめレイアウトします。
4:印刷会社に渡します。(入稿といわれます。)
5:印刷会社が校正用紙に原稿を出力します。
6:印刷会社が構成用紙に出力された原稿(ゲラ)を出版社に戻します。(出稿といわれます。)
7:編集者や製作に関係する人によるゲラの修正をします。 (赤字を入れて修正するので赤字入れと言うそうです。)
8:印刷会社と出版社でゲラの修正とチェックを繰り返して完成します。(この作業が終わる事を校了というそうです。)
9:校了になったデータを印刷用の版を作ります。(刷版というそうです。)
10:印刷会社で印刷し、ページ順に折りたたみ(折丁)、順番にそろえて(丁合)、最終的に綴じて表面加工します。

 

という事をします。 期日が短い、修正が多い、企画が売れるテーマか?などなどきつい部分もあるかもしれませんね。

 

後は、本を売る仕事です。
書店にアプローチする仕事や、新聞に広告を出す。ネット広告をする。電車やバスにつり革広告をするなど営業活動があります。

出版社の年収はどれくらい?

出版社の年収はきになりますよね。例えば、中小や、教科書の出版社や、絵本の出版社などね。

 

企業によると思いますが、気になる出版社の年収をサクッとネットで調べてまとめてみました。

 

出版社 年収 講談社

株式公開されていないので詳しくはわかりませんけど。
社員の口コミなどをネットで調べるとだいたい平均で475万円(口コミ平均年齢29歳)あたりみたいです。

 

出版社 年収 集英社

株式公開されていないので詳しくはわかりませんけど。
社員の口コミなどをネットで調べるとだいたい平均で550万円(口コミ平均年齢23.6歳)あたりみたいです。

 

出版社 年収 ランキング の参考

東洋経済新聞社⇒平均1077万円
ベネッセHD⇒平均943万円
学研HD⇒平均934万円
カドカワ⇒平均878万円
インプレスHD⇒平均792万円

出版社の求人は北海道、東北、関東、中部、関西、九州にある?

出版社に中途採用で転職を考えている時に地元に戻りたいとか、地元で探したいと感じるかもしれません。
東京は大手の出版社がありますが、その他の地域は中小の出版社が多くなりますが、ニッチな優良企業も有るので諦めないで探してくださいね。 転職は縁とタイミングが大事ですよ。

 

出版社 求人 東京の詳細はこちらをクリック

出版社 求人 名古屋の詳細はこちらをクリック

出版社 求人 大阪の詳細はこちらをクリック

出版社 求人 福岡の詳細はこちらをクリック

転職エージェントのマスメディアンの口コミ

広告や、マスコミ、出版社の仕事に特化した転職エージェントを紹介します。

 

異業種の経験活かす転職もサポートしています。 例えば、グラフィック制作会社のプロデューサーの経験を活かして広告会社の営業や、広告会社の営業の経験を活かしてファッションの宣伝担当に転職するのをサポートした実績が多数なので少しでも興味があるならマスメディアンの無料面談を受けてみるのはいかがでしょう。

 

拠点も、東京、中部、北陸、関西、九州と幅広いです。

 

詳しくはこちらをクリック ⇒ 宣伝会議グループ「広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン」

 

マスメディアンの特徴は?

特徴1:宣伝会議グループ
特徴2:広告・Web・マスコミ職種専門
特徴3:4万人超の転職支援実績
特徴4:専門分野で圧倒的な求人数
特徴5:転職活動の手間暇を削減
特徴6:完全無料・秘密厳守

 

サービスの流れとしては次の感じです。
申し込みます。⇒面談・相談⇒

 

マスメディアンのサポート期間中>>>
求人の紹介⇒応募⇒面接⇒内定・入社
(入社日や給与をはじめとした各種条件面のデリケートな交渉も、キャリアコンサルタントがあなたに代わって調整します。
退職に関するアドバイスや入社後の相談も受け付けています。)
<<マスメディアンの転職支援サービス利用中

 

マスメディアンの求人は?

勤務地も選べます。
例えば、東京・関東 大阪・関西 名古屋・中部 福岡・九州 金沢・北陸

 

広報や販促、マーケティング、クリエイティブの仕事が多くありますよ。

 

グラフィックデザイナー
Webデザイナー
アートディレクター
ディレクター
クリエイティブディレクター
企画・マーケティング
営業・プロデューサー
編集・ライター
コピーライター
Webプロデューサー
Webディレクター
マークアップエンジニア
Webプランナー
データアナリスト
Web広告運用

 

例えば、大手広告会社 宣伝・広報部 出版社 テレビ局 インハウス マーケティング CRM SP PR CM・映像 Web デザイン(デザイナー) エンジニア 正社員 派遣 英語 未経験 U・Iターン しゅふクリ・ママクリ エグゼクティブ 年収750万以上 クリエイター AE・AP

 

コピーライターの仕事は?

クライアント向けのコピーライティング業務をはじめ一連の作業
各種デジタル広告やWebサイトにおけるキャッチコピーや文章などの企画からライティング
不動産、車、日用品、化粧品、金融クライアントなどの、マス広告からSP、Webまで幅広い制作物のコピーライティング
同社が発行する女性向け、ママ向けのライフスタイル雑誌の編集及びコンテンツ企画
グラフィックを中心とした広告全般のコンセプト立案、企画書作成、クライアント・代理店への提案、コピーライティング

 

 

クリエイティブディレクターの仕事は?

デジタル領域を中心とした、クリエイティブのコンセプト企画から、LP・クリエイティブの表現までを総合的に提案頂き、制作進行、運用改善までPCDAを回すポジション
デジタルを中心に、TV、グラフィックを含む、ブランドのコミュニケーション全体の企画立案から制作までの責任を持ち、チームを統括(スタッフ育成含む)
Webを中心に、マス・リアルの垣根を超えたコミュニケーション戦略から
クリエイティブ表現までを総合的に提案

 

広報の仕事は?

ニュースリリース作成
・メディア取材対応
・イベント運営
・社史、広報関連冊子、社内報などの作成
・撮影(スチール、ビデオ)
・その他広報業務全般
広報計画の立案および実施、メディアリレーション構築、各種広報・販促ツールの企画・制作のディレクション
社内外のコミュニケーション強化を目的に広告・広報業務
広告の企画・制作管理、媒体社との折衝および取材対応
会社案内などのSPツールや社内報の企画・制作管理業務

 

 

広告の仕事は?

ディスプレイ広告(主にインフィード広告)の活用戦略・運用プランの立案
アカウント設計、キーワード選定、入札、クリエーティブ、ランディングページなどの、効果の最大化に向けた運用方針の策定
定期的な効果数値のチェック、改善施策の立案、オペレーターへの設定変更指示
広告のバナー、運用、配信を担当
運用をメインに行うことになります。制作は外注
広告の内容について営業など社内関連部署とやり取り

 

グラフィックデザイナーの仕事は?

ロゴデザイン、アプリケーションデザイン、ガイドライン開発業務
広告や販促物、Web(グラフィック)の企画・デザイン業務。
デザイナーとして新聞、雑誌、ポスター、プロモーションツールの開発、POP、チラシ等のプランニング、制作業務
主にCSR/環境報告書など冊子ものの制作における企画、およびデザイン業務
クリエイターという立ち位置でもコンサルタントとともにクライアントとの打ち合わせ
広告全般におけるデザイン制作及び、キャラクターの企画制作・制作進行に従事
住宅メーカーのSPツール(カタログなどの冊子もの)のデザイン業務
スターや雑誌広告、パンフレットはもちろん、同社が得意とするDMの制作もメイン業務

 

少しでも気になった人はこちらをクリックして各仕事について相談するかホームページ内を探して確認してくださいね。 ⇒広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン